コンテンツへスキップ

2年生の科学教室

8月19日に行われた2年生の科学教室では、『紙コップロケットを飛ばそう』と『CDこまを使って、白と黒がどんな風に見えるかやってみよう』『フィルムケースの虫笛で音を楽しもう』を行いました。

始めに、紙コップロケットです。筒に取り付けた袋に空気を取り入れて、膨らんだ袋を筒の方に勢いよく手で押して紙コップのロケットを飛ばします。

まず、先生がロケットを飛ばして見せます。

早速、見本を見ながら、製作をします。紙コップに貼り付ける羽の向きを間違えないようにねー。

空気を袋に集めて、袋を押して飛ばします。ロケットのように一気に紙コップが飛びました! 遠くへ飛ばそうと、何回も何回も飛ばして楽しんでいました。

次は、CDこまです。真ん中半分は、黒色に塗ってあり、残りの半分をバラバラに黒く塗ることにより、色々な色に見える目の錯覚を楽しみます。

実際に回して見せます。どんなふうに見えるかな?

製作に入ります。もらった紙をていねいに丸く切り取ります。

どんなふうに塗ろうかな?

実際に回してみます。

黄色にみえる!という子や、レインボーだ!という子がいたり、お友だちのも一緒に見たりしながら、みんなで楽しみました。

みんなで記念写真、はい、チーズ♪

最後は、フィルムケースを利用して作った虫笛です。これは、先生からのプレゼントです。紐を持って虫笛を回すと、ひゅんひゅんと不思議な音が鳴ります。ナウシカの虫笛みたいと言う人もいました。回しながら音に耳を傾けていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です